ガラス屋が来るまでの対処|悪天時にも対応してもらえる修理業者│ガラス交換は早急に行なう

悪天時にも対応してもらえる修理業者│ガラス交換は早急に行なう

ガラス屋が来るまでの対処

窓

ガラス破損でも最も恐ろしいのが、割れた破片が刺さることによって起こる二次被害です。そのため、ガラス屋が修理に訪れるまでの間で、破損したガラス片を掃除しておくことが求められます。小さなお子様やペットを飼っているご家庭なら、部屋に入れさせないように対処しましょう。掃除を行なうにあたっても事前に準備を行なう必要があります。ガラス片は肉眼でも見えないぐらいの小さな破片から、手で拾えるような大きな破片まで様々なサイズに分かれます。そのため、掃除を行なう前にすスリッパや手袋は必ず着用するようにしましょう。まずは、大きなガラス片から拾っていきます。割れたガラスの端っこは鋭利になっているため、慎重に取り除かないと手を切ってしまう恐れがあるので注意してください。大きなガラス片を取り除いたら、小さなガラス片を掃除機で吸い取りましょう。掃除機をかける際は、ガラス破損した場所から周囲3メートルほどはかけるようにしてください。また、破片の絡まりを防ぐため、掃除機のヘッドを外すことも忘れてはなりません。掃除機をかけた後もガムテープや濡れ雑巾を使って、細部までの掃除を行なうようにしましょう。もし自分で掃除する自信が無い場合は、ガラス屋に修理を併せて清掃サービスを利用すると良いでしょう。その際は、事前に清掃をして欲しい旨をガラス屋に伝えておくことで、スムーズに作業に着手できます。作業リスクの大きい作業は、豊富な経験を持つガラス屋に依頼することで安全に行なえるのです。

Copyright © 2016 悪天時にも対応してもらえる修理業者│ガラス交換は早急に行なう All Rights Reserved.